利回りが低くなる前に投資マンションは売却しましょう

情報源としての活用

セミナー

不動産投資に興味がある方は、不動産投資セミナーへの参加も検討しています。未経験者が知ることのできない情報や知識・ノウハウを手に入れることができるので有意義なセミナーとして活用されています。希望に適した最も効果的な不動産投資セミナーを選ぶことがポイントです。

現代版の又貸しシステム

部屋

海外赴任や転勤になった時、住居が空き家になってしまいます。その時に便利なのがリロケーションです。リロケーションとは又貸しのことですが、間に管理会社が入ります。オーナーは管理会社と契約を結び、管理会社が入居者を探して賃借人と契約を結びます。これによって空き家にせずに済みますし、家賃収入が得られます。

大きな物件も所持できる

男性

ひとつの物件に複数人で出資するシステムとなっているみんなで大家さんは、100万円から投資ができるようになっています。簡単に投資ができる上に安全性も高いので、多数の人に選ばれる投資の方法になっています。

資金を増やすため

アパート

赤字が続く可能性も

企業が持っている資金は、しばしば投資マンションの購入に使われています。購入後、それを使って賃貸経営をおこなえば、家賃収入で資金を増やすことが可能となるからです。投資マンションの利回りは、立地などの条件にもよりますが、平均は10%ほどとなっています。したがって単純計算では、購入に使った資金を約10年で回収できることになります。ただしこれは、空室がなく常に家賃収入があった場合です。空室になれば、当然家賃収入は入りませんし、その間にも固定資産税や修繕費などを支払い続けることになります。こういった持ち出しによって赤字が続く場合には、投資マンションの売却を検討する必要性が生じてきます。売却することで、赤字続きという状態から抜け出すことが可能となるのです。

利回りの変化

投資マンションにおいて、家賃と修繕費は多くの場合反比例します。築年数が増えていくにつれて、入居者を集めるためには家賃を下げることが必要となってきますし、修繕費は逆に多くかかるようになるのです。つまり利回り低くなるということですから、投資マンションの売却は、その前に決めることが肝心とされています。利回りが高い投資マンションの方が、買い手がつきやすいからです。しかし再開発などが進められている地域では、地価が高くなる分、利回りも高くなる可能性があります。この場合は、売却価格を高めに設定することが可能となります。これにより、使った資金を比較的スムーズに回収できるようになりますし、むしろ資金がプラスになることもあります。そのため、最初から売却を目的として投資マンションを購入するという企業も少なくありません。