利回りが低くなる前に投資マンションは売却しましょう

現代版の又貸しシステム

部屋

第三者に家を借りてもらう

リロケーションというのは自分の部屋や家を第三者に貸し出すことです。仲介するのは不動産管理会社で、部屋や家の持ち主は管理会社と賃貸契約を結びます。部屋や家を借りたい人は管理会社と契約を結ぶことになります。そのため持ち主と借り主が直接顔を合わせることはないのです。海外赴任や転勤をする人は、リロケーションを利用することによって部屋や家を空き家にせずにすむのです。家などは空き家にしておくと建物が傷むので、第三者に住んでもらった方がいいわけです。また家賃収入が得られるというメリットがあります。賃貸契約を結ぶのは管理会社なので、家賃の滞納や退出時の原状回復などは管理会社の責任になります。長期に渡って部屋や家を空ける人にとって、リロケーションはとても便利です。

入居者との契約は管理会社

個人的な知り合いに部屋や家を貸す場合、契約などは結ばないのが普通です。お互いに知り合いだからという安心感があるからです。しかし何らかの理由で家賃が払えなくなったり、退出する時の原状回復を拒むことも考えられます。そのような時に契約書がないと貸した側は不利になります。初めからリロケーションを利用しておけば、きちんと管理会社との間で契約を結ぶので安心です。管理会社が入居者を探して契約を結ぶので、貸し出す側は何もしなくてよいのです。もしも部屋や家の中が壊された場合でも、契約を結んだ管理会社が補償をしてくれます。リロケーションを利用するには家賃収入の30パーセントぐらいを管理会社に支払うことになりますが、その分を差し引いても利用する価値はあります。